妊娠中におすすめの化粧品の特徴とは?

肌の調子を整えて、守る、それに徹することができるコスメ選びを!
妊娠中は、ストレスや、ホルモンバランスが乱れにより、肌荒れ・炎症を起こしやすい肌状態になっています。微細な炎症を抑えてくれる、成分配合のものを選びましょう。

ホルモンバランスにより、バリア機能が低下しやすい肌状態です。大人ニキビなどの予防にも、バリア機能を高めてくれる成分や処方を選びましょう。

肌が乾燥すると、肌トラブルをおこしやすくなります。肌の奥から保湿してくれる成分や美容成分が配合されているものを選びましょう。妊娠中の肌はとてもデリケートです。いつも使っていた化粧水がしみたり、肌質が変わることもよくあります。低刺激で、肌に優しく使えるものを選ぶ事が大切です。

妊娠中におすすめの化粧品ランキング

アヤナス
とろりとした濃密なクリームが、お肌を優しく包みます。ヒト型ナノセラミドを配合し、角質層の奥までうるおいで満たしてくれます。植物由来エキスのコウキエキスと、グリチルリチン酸2kを配合し、肌荒れした肌をしずめ、炎症をしっかりと抑えていきます。174名の皮膚科医が認める、「スキンケア大学認定品」として、唯一の認定を受けている保湿クリームです。敏感肌専門ブランドのクリームなので、妊娠中の肌でも安心してお使いいただけます。濃厚なテクスチャーで、美肌と、リラックスをご体感ください。
炎症を抑える:◎ 肌バリア機能を高める:◎ 肌の奥から保湿:◎
アヤナス
アスタリフト
たっぷりと肌に吸収される美容成分と、浸透力を実感してください。うるおうハリ肌へと仕上げてくれます。ハリのパワーである赤いチカラ、ナノアスタキサンチンと、ナノリコピン、3種のコラーゲンを配合し、くまなく肌を元気にしてくれます。フジフィルムの技術が誇る、ヒト型ナノセラミドも配合し、ぷるんとした肌を実感してください。ライン使いすることで、見違えるような美肌を手に入れる事ができます。
炎症を抑える:○ 肌バリア機能を高める:◎ 肌の奥から保湿:◎
富士フイルム
ヒフミド
ヒト型セラミドⅠ・Ⅱ・Ⅲを配合し、お肌を1日中うるおいでみたしてくれる、小林製薬のスキンケアラインです。すべてのテクスチャーにセラミドを配合し、ライン使いでより一層のうるおいを手に入れる事ができます。トライアルキットは、可愛いポーチがついているので、産前の帰省などにとても便利です。成分・含有量がすべて記載されているので、チェックしやすいのが嬉しいですね。さっぱりとしたテクスチャーの化粧水ですが、お肌にこっくりと馴染みます。
炎症を抑える:○ 肌バリア機能を高める:◎ 肌の奥から保湿:○
リマーユ プラセラ原液
年齢や肌質を選ばずに、最高級のスキンケアができる、馬プラセンタと馬セラミドを配合した原液美容液です。若い肌には毛穴・大人ニキビケア、そのほかの年代には、しみ、しわ、ホルモンバランスや出産後による肌荒れなどをケアしてくれます。肌の表面からダイレクトに原液が働きかけてくれます。小さな容器に入ってくるので、お手持ちの化粧水やクリームなどにまぜてお使いいただいても大丈夫です。
炎症を抑える:○ 肌バリア機能を高める:○ 肌の奥から保湿:○
セラミディアル
保湿成分に、ヒト型セラミド・ヒアルロン酸・リピジュアを配合した、敏感肌や乾燥肌のためのスキンケアラインです。もちろん普通肌のかたもお使いいただけます。肌の専門家が考えた無添加スキンケアで、保湿したうるおいを逃がさずキープするタイトジャンクション処方が乾燥を防ぎます。保湿クリームは、シアバター・マカデミアナッツ油など、天然油分が水分を閉じ込めて逃がしません。
炎症を抑える:○ 肌バリア機能を高める:○ 肌の奥から保湿:△

妊娠中に最もおすすめしたい化粧品はこれ!

アヤナスで、低刺激・肌を守るケアをしましょう!
炎症を抑えてくれる
コウキエキス・グリチルリチン酸2Kが、紫外線を浴びた肌や、肌荒れした状態をしっかりとケアし、炎症を抑えていきます。朝晩使い続けることで、炎症を繰り返さない肌作りをします。

バリア機能を高めてくれるもの
ヒト型ナノセラミドが、角質層の奥まで、お肌をうるおいで満たしてくれます。肌バリア膜を形成する、ヴァイタサイクルヴェール処方が、外部刺激から肌を守り、水分を蒸散させません。

肌の奥から保湿してくれるもの
CVアルギネートは、コラーゲン生成力をアップしてくれます。ハリのある若い肌へと育みます。アクティブプール成分を配合し、水分をキープ、フカフカの肌を保ちます。妊娠中や産後のお肌に、安心・優しくお使いいただける保湿クリームです。ぜひ試してみてくださいね。